読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行動記録の振り返り 行動分析してみた。

ブログに記入した4月11日〜4月12日の夜勤入り明けの過ごし方に振り返ってみる

起床時は実際に布団からでる事で行動化が出来たことで運動することが出来た。

ここが一番重要である。行動化したこと。運動したことで、運動内容を度外視しても自分自身に「やった」という満足感を与えて次の行動に結びついている。朝ごはんや昼ごはんも暴飲暴食していない。自宅での仮眠明けに起床時運動をやろうと思って出来なかったが、これについては勤務に遅刻してはいけない!との理由があったので、後悔や悲観的になることはなかった。夜勤中の食事摂取の仕方も自分の計画通りに実行できたので悲観的な思考なく経過。多少の我慢はしたがスマホでモチベーションを上げるページを見たりすることでお菓子摂取を防いだ。退勤後の帰宅路でもコンビニに行かなかった。我慢はしたが自宅で少し運動したあと、美味しいご飯を食べて寝る。という、目標があったからコンビニに行かなかった。自宅に帰ったあと、なぜ暴飲暴食した原因は帰宅直後「運動しなかった」からでは無いかと考えた。

運動の無いようはレベルの高いことを求めてないが「行動化」出来なかった罪悪感が悲観的な考えに繋がり、暴飲暴食という行動化を実践したのではないかと考えられる。

自己の傾向としてレベルの高いことを目標として掲げたりする傾向はある。それが出来ないことで悲観的になり暴飲暴食+酒となってしまっている。

今後は目標設定を低く、行動化は早くを目標にダイエット生活を続けて見ようと思う。